読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブゼニ

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、日常とか、世の中に関する忘備録。

Google Team Drives登場

どうも、かんだです。

クラウドサービスに日々使い倒しております。無かったら生活が成り立たないくらい、使い倒しております。もし、クラウドサービスという大きな鍋があったとしたら、頭の先から、足の先まで、どっぷり浸かることができるほど、使い倒しております。

 

前職はザ・昔ながらの日本企業でして、全てが紙で処理されており、パソコンも「きれいに紙に印刷するためのツール」として使われるほどでして、クラウド上でファイル共有しましょうよなんて、全く言えない状態でした。

 

その会社だったら、絶対に使えないサービスが登場しました。

 

Google Team Drives Early Adopter Program now accepting applications

f:id:tkandaster:20161122183950p:plain

Team Drives are shared spaces where teams can store their files and guarantee that every member has the most up-to-date information, no matter the time or place. Team Drives make onboarding easy, because every person and Google Group added to a Team Drive gets instant access to that team’s documents. Moreover, Team Drives are designed to store the team’s work collectively, so if a document’s creator moves off of the team that document doesn’t go with them. Advanced access controls make Team Drives even more robust, preventing team members from accidentally removing or deleting files that others need.

 「Google Driveがあるじゃないか!」という気がするのですが、Google Driveは個人向けに、Google Team Drivesは法人向けになるとのこと。

 

うむ。。。

 

techcrunchの記事によると

 

Team Drivesの主たる目的は企業における組織横断的なファイル共有を助けると同時に、共有フォルダのコンテンツに応じたきめ細かいアクセス権が設定できるようにするところにある。

これ以前、GoogleGoogle DriveDropboxに対抗していたが、このプロダクトはどちらかと言えば個人の生産性ツールだった。企業の場合はファイル共有の範囲は多数の組織にまたがるため、アクセス・コントロールにはさらに高い機能が必要とされる。

 

 

なのだとな。

boxでも、Dropboxでも、OneDriveでも、なんか似たような気ができるような気がしないのですが。。。

そんな無粋なことを言ってはダメなんですよね。

ワタシ、いろんなオンラインストレージを利用していますが、有料版を利用しているの1つだけだったりするのよね。

Google Team Drivesは企業向けなので、シロートが無料で利用できるようなことはないのでしょうが、どうやって判別するのでしょうね?

まぁ、企業が管理するアカウントでのストレージサービスであれば、ワタシのような人間が会社を辞めた時に、情報を管理するのに便利ですけれどね。

でも、それは他のツールであってもできることだしなぁ。

組織単位、個人単位でファイルやフォルダにアクセス制限を設けることも、今でもできるしなぁ。

 

色々謎ですなぁ。

 

 

Box

Box