ウェブゼニ

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、日常とか、世の中に関する忘備録。

Introducing the new Google Play Music

どうも、かんだです。

 

仕事で集中したい時、音楽は欠かせませんよね。

とはいえ、音楽を聞いているのではなく、ラジオを聞いているのですが。ラジオっ子なので、いつでもどこでもラジオです。

 

 

ラジオ好きにとっては神アプリなradikoなのですが、今までも十分神アプリだったのですが、タイムフリーがはじまったものだから。。。。

 

www.appps.jp

 

この企画を実現させたヒトに、アシを向けて寝ることはできませんね。

学生時代ってか、浪人時代に深夜放送をテープに録音し、昼間に聞いていた時代を思い出しますね。

 

まぁ、そんなことをしていたから、浪人したんでしょうな。

 

しかし、世の中、ラジオ好きよりも、音楽好きが多く、Spotifyが日本で公開されて話題になっている今日このごろ、

japanese.engadget.com

Google様が音楽サービスのGoogle Playをバージョンアップさせてきましたよ。

 

Google Play Music」バージョンアップ! ユーザの状況に合わせた音楽を提供

 

ワタシ、プライベートではChromebookを使いまくっているほどのGoogle信者なのですが、Google Play Musicは利用したことありませんでした。

だって、似たようなサービスがたくさんあるのですもの。

ってか、radikoがあるのですもの。

 

しかし、今度はどうやら違うらしい。

 

Introducing the new Google Play Music

 

 

f:id:tkandaster:20161115165204p:plain

DON’T THINK TWICE, IT’S ALL RIGHT

To provide even richer music recommendations based on Google’s understanding of your world, we’ve plugged into the contextual tools that power Google products. When you opt in, we’ll deliver personalized music based on where you are and why you are listening — relaxing at home, powering through at work, commuting, flying, exploring new cities, heading out on the town, and everything in between. Your workout music is front and center as you walk into the gym, a sunset soundtrack appears just as the sky goes pink, and tunes for focusing turn up at the library.

 あなたがどこで何を聞きたいか?に基づいて曲がレコメンドされるのねって、そんなことできるのかしら???とびっくりですわ。

 

しかし、どうやら、このサービスは他の音楽サービスでは一般的なことになりつつあるのね。

japan.cnet.com

 

 パーソナライズ機能を強化するという今回の動きは、他の音楽ストリーミングサービスに見られる傾向と一致する。「Spotify」には、ユーザーがこれまでに聴いた曲に基づいて楽曲を提案する「Discover Weekly」プレイリストがあり、「Apple Music」には、各ユーザー向けに編成された楽曲を提示する「For You」タブがある。

 しかし、Googleで日々の生活(カレンダーや電子メールなど)を管理しているユーザーにとっては、Google Play Musicのパーソナライズされた楽曲提案が、各種音楽ストリーミングサービスの中で最も的を射たものになる可能性がある。

 あ。。。。う。。。あ。。。

そこまでレコメンドされてもなぁ。。。「みんながこの曲を聞いていますよ。だからあなたもどうですか?」とレコメンドされるよりも、なぜ、いま、その曲を聞くべきなのか?を語ってもらい、そして曲を掛けてくれる方が良いなぁ。

まぁ、それがラジオなんですがね。

ラジオってすごい昔から双方向コミュニケーションを得意とするメディアで(そのコミュニケーションスピードのはなしは、いったんよこにおいておいて)、どんなに精度のよいレコメンドエンジンが登場しても、腕の良いラジオパーソナリティのテクニックには勝つことできないと思うのよねぇ。

 

Onlineの音楽サービスを利用しているヒトには、あまり関係ないことなのでしょうかね?

 

でもねぇ。。。ラジオにはラジオの良さがあるんだよねぇ。

 

そう思ってしまうワタシは、思いっきりお爺さんですね。