ウェブゼニ

マンガ「グラゼニ」が大好きな、ウェブ系の何でも屋さんが綴る、仕事とか、日常とか、世の中に関する忘備録。

Googleのカーナビ「Android Auto」がスマホ単体でも使用可能に!

どうも、かんだです。

 

ワタシが新卒社員だった頃、スマホなぞは影も形もなく(ZaurusPalmはありましたがね)、カーナビを搭載したクルマでさえ「高級車だねぇ。。。」と分類されるほどレアな時代でした。

 

ちなみに、世界初のカーナビと言われているのは、1981年に登場したホンダ・エレクトロ・ジャイロケータGPSと車速センサーを組み合わわせて、今いる場所を適確に表示し続ける21世紀のカーナビと全く違いますよ。このホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ。

 

その原理は、精密なガスレートジャイロセンサとタイヤ回転からの距離センサにより、自動車の“移動方向”と“移動量”を検出する。この二つの運動の刻々の変化をマイクロコンピュータで瞬間的に積分し、これらを連続して記憶し加算することにより自動車の運動量を求め、それを透明な地図シートをセットしたブラウン管に走行軌跡として表示するものである。これにより自動車の走行経過と現在位置が地図シート上で極めて正確に確認でき、進むべき経路の選択が容易にできる。

www.jsae.or.jp

移動方向と移動量で現在地を表示する仕組みだったのですよ。極初期のカーナビは。もちろん、目的地までの予測到達時間なんて表示されることはありませんでしたし、精度もそれほどな状態だったので、気がつくと「え!」という場所を指示していたりしたのですよね。

 

ちなみに道は星に聞けGPSに対応したカーナビが登場したのは1990年。パイオニアから後付のナビが、マツダからはGPS式カーナビが搭載されたコスモが登場したのですね。時代はバブルの絶頂期だったのですよ。

 

 

 ジャン・アレジが若いですね。フェラーリをパイオニアがスポンサードした、なんてことがニュースになっていた時期です。日曜深夜にフジテレビで放映されるF1中継で、このCMは何度となく流されましたね。

 

時代はバブル絶頂期に近かったのですもの。

 

GPS式カーナビを搭載したコスモなんて、世界唯一の3ロータリーエンジン車だったのですから。クルマ好き以外には全く刺さらない話かもしれませんが、ユーノスチャネルで販売された、あの超高級2ドアクーペにしびれたものですよ。

 

f:id:tkandaster:20161108225003j:plain

(写真はカービューより)

 

いま見てもカッコいいなぁ、、、、コスモ。

 

コスモだけでなく、バブル絶頂期にはGT-Rに、NSXフェアレディZに、ソアラに、スープラ。。。すごいスポーツカーがたくさんあったものです。

 

で、そんなスポーツカーにカーナビを搭載する。

すげー金持ちですわw

まぁ、そこからカーナビはどんどんどんどん市民権を得る=大衆化してくるようになってくるのですが、21世紀初頭では、まだ高級品でしたよねぇ。

 

少なくとも、電話のおまけについてくるようなサービスではなかった。

 

Googleのカーナビ「Android Auto」がスマホ単体でも使用可能に、Googleがアプリの大幅アップデートを発表

iPhoneも自動車領域に足を踏み入れておりますが、Androidだって、負けてはいない。Android Autoで殴り込みをかけてきている、と。

 

gigazine.net

 

Android Autoは自動車向けに特化したインターフェースや操作を可能にするアプリで、これまでは対応するカーナビシステムと接続することでナビ画面上にGoogleマップのナビ機能を表示させたり、音声通話や日本でもサービスが開始された「Spotify」、「Google Play Music」などのアプリを運転中でも安全に操作することを可能にするものでした。今回のアップデートでは、これらの機能をAndroidスマートフォン単体で利用できるようになるというわけです。

最新版のAndroid Autoアプリを使用するためにはAndroid 5.0以上が必要で、今後数日のうちに日本を含む30か国で提供が開始される予定。また、現時点では画面を指でタップして操作する必要がありますが、数週間以内には「OK Google」と話しかける声での操作にも対応する予定とのことです。

さらに、Bluetooth対応のカーマウントと接続すれば、自動車に乗り込んだことを検知して自動でアプリが立ち上がるようにすることも可能。Logitechなどから対応の機器が登場しており、アメリカのGoogle Storeでも近いうちに商品の取り扱いが開始される予定となっているとのことです。

 

もはや、カーナビいらないじゃないですかw

スマホをダッシュボードに設置する、もしくはスマホに連動するディスプレイをダッシュボードに埋め込むだけで、すべてが完了してしまう。

車内で使う分には、電源問題だって関係ないしね。

 

うちの愛車のカーナビでは、未だに圏央道がつながっていなかったりするわけで、そういうクルマが自家用車の家庭には嬉しいサービスですな。マップはいつでも最新版に更新されるわけですし。

 

しかし、すごい山奥とかでスマホが圏外になるとどうなるのでしょうね?

GPSは拾えるから、カーナビは問題なく作動するのかしら?

Web系の仕事をしていながら、こういう最新サービス、ぜんぶ、試しきっていないんだよなぁ。。。